俳優ルトガー・ハウアーさん死去、「ブレードランナー」に出演

「ブレードランナー」などへの出演で知られる俳優、ルトガー・ハウアーさんが死去した/Everett

「ブレードランナー」などへの出演で知られる俳優、ルトガー・ハウアーさんが死去した/Everett

(CNN) SF映画「ブレードランナー」でハリソン・フォードと闘う人造人間を演じたオランダ人俳優、ルトガー・ハウアーさんが19日、短い闘病の末に死去したことが分かった。75歳だった。代理人がCNNに明かした。

ハウアーさんが関わる慈善団体によると、オランダにある自宅で穏やかな最期を迎えた。同団体での仕事は妻のイネケさんが引き継ぐという。

ハウアーさんが米国で知られるようになったきっかけは、「ブレードランナー」でレプリカントと呼ばれる人造人間のロイ・バッティを演じことだ。

最後の独白でそれまでに目にした全てのことを振り返る場面はとりわけ印象的だ。同作のリドリー・スコット監督との仕事について、ハウアーさんは後に「彼が求めることを非常に高いレベルで理解し、直観的に演じた」と語っている。

ハウアーさんは長身に青い瞳という風貌(ふうぼう)で、歴史映画に出演することが多かった。「レディホーク」で呪われた騎士を演じ、中世映画の「グレート・ウォリアーズ/欲望の剣」では悪党役を務めた。

翌年、ホラー映画「ヒッチャー」で嗜虐(しぎゃく)的なヒッチハイカーを怪演。80年代から90年代以降にかけてコンスタントに仕事をこなし、「バッフィ/ザ・バンパイア・キラー」、「シン・シティ」、「バットマン ビギンズ」などに出演している。

後年は映画とテレビの世界を自在に行き来する活躍ぶりで、米HBOの吸血鬼ドラマ「トゥルーブラッド」でも役を演じた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]