A組はウルグアイが首位通過、ロシアを下す サウジは24年ぶり白星

エジプトはサラーがゴールを決めるもサウジアラビアに敗れた

エジプトはサラーがゴールを決めるもサウジアラビアに敗れた

グループAのもう1試合、サウジアラビア対エジプトは2-1でサウジアラビアが勝利した。サウジアラビアにとっては24年ぶりの大会白星となった。

試合は前半22分にエジプトがサラーのゴールで先制。エジプト代表が流れの中でゴールを決めたのは1934年大会以来だった。エジプトはさらに、GKがPKを止める活躍もみせた。

しかし、サウジアラビアは前半追加時間に再びPKを得る。今度はファラジがしっかりと決めた。ファラジのゴールは50分36秒と前半に決まったものとしては大会史上1966年以降で最も遅いゴールとなった。

前半は1-1で折り返した。

後半に入って得点は動かなかったが、試合終了間際にドサリがシュートを決めて試合は2-1でサウジアラビアが勝利した。サウジアラビアにとっては1994年大会以来の白星となった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]