日本、2-2でセネガルと引き分け 本田のゴールで追いつく

本田圭佑のゴールで試合は引き分けに

本田圭佑のゴールで試合は引き分けに

(CNN) サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会は24日、グループHの日本とセネガルが対戦し、2-2で引き分けた。日本は2度リードされる展開だったが、本田圭佑のゴールで追いつき、引き分けに持ち込んだ。グループHはコロンビアとポーランドの対戦もあり、コロンビアが3-0でポーランドに勝利した。ポーランドは1次リーグでの敗退が決まった。

日本対セネガルの試合は、前半11分にマネがゴールを決めてセネガルが先制した。GK川島永嗣のパンチングのミスが響いた。

1点リードされた日本だが、前半34分に乾貴士のゴールで追いつく。そのまま試合は1-1で折り返した。

後半に入り日本が力強い攻めを見せる。大迫勇也がゴール前で決定機を迎えたがゴールを決めきれず。乾のシュートはクロスバーをたたいた。

追加点を決めたのはセネガル。後半26分にワゲがゴールネットを揺らした。

1点リードされた日本だが、後半33分に本田圭佑がゴールを決め、再び同点に。

両チームともその後は点が入らず試合は2-2の引き分けとなった。

本田にとってはW杯での4得点目。アジアのチームではトップクラスのゴール数なほか、直近の3つの大会すべてで得点とアシストを記録したただ一人の選手ともなった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]