代表100試合目のスアレスが決勝点、ウルグアイがサウジ破る

ウルグアイのエース、スアレスがサウジから決勝点を奪った

ウルグアイのエース、スアレスがサウジから決勝点を奪った

(CNN) グループAのウルグアイ対サウジアラビアは、ウルグアイが1-0で勝利した。代表100試合目の出場となったエースのスアレスが前半に挙げたゴールを守り切った。

ウルグアイは前半23分にコーナーキックを獲得。31歳のスアレスはエリア内でマークを外してフリーとなり、足元へ落ちてくるボールを左足インサイドで合わせてゴールに流し込んだ。スアレスにとっては代表で通算52点目。

一方のサウジはボールをキープするものの、ウルグアイのゴールを脅かすには至らず。開催国のロシアを相手に5失点の大敗を喫した初戦からパフォーマンスは改善したがノーゴールに終わり、連敗が決まった。

この結果グループAは2連勝を飾ったロシアとウルグアイが上位2位以内を確実にし、突破を果たした。サウジはエジプトとともに次の第3戦で大会を去ることになった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]