ドイツがスウェーデンに辛勝 メキシコは韓国下して連勝

ドイツが終了間際のゴールで勝利

ドイツが終了間際のゴールで勝利

(CNN) ロシアで行われているサッカーのワールドカップ(W杯)は23日、1次リーグのグループFの試合があり、ドイツが後半追加時間の得点でスウェーデンに辛勝したほか、メキシコが韓国を下して連勝した。

前回大会王者のドイツはメキシコと対戦した初戦を落としていた。ドイツはエジルやケディラを外すなど先発をいじってきた。

試合は、固い守備を見せるスウェーデンが前半32分に先制。スウェーデンのトイボネンがゴール前でボールを胸でトラップして前に落とすと、ドイツのGKノイアーの頭上を越えるループシュートを放った。ノイアーは触ることができず、ボールがゴールネットを揺らした。

前半はこのままスウェーデンの1点リードで終了。

ドイツは選手交代で後半頭からFWゴメスを投入。後半3分にロイスのゴールで同点に追いついた。

得点が動かないなか、試合時間残り約10分でドイツのDFボアテングが2枚目のイエローカードで退場。ドイツは1人少ない状況で残り時間を戦うことになった。

試合終了目前の95分にドイツがFKのチャンスを得る。これを生かし、クロースが美しい弧を描くシュートをゴールに向けて放つとGKも触ることができず、ボールはネットに突き刺さった。

試合はこのまま終わり、ドイツが2-1でスウェーデンを下した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]