日本が金星、コロンビアを破る アジア勢が南米チームに初勝利

日本が2-1でコロンビアを下し、金星を挙げた

日本が2-1でコロンビアを下し、金星を挙げた

(CNN) グループHの試合が行われ、日本は2-1でコロンビアを破った。アジア勢がワールドカップ(W杯)で南米のチームを下したのは史上初。グループHのもうひと試合ポーランド対セネガルは、ポーランドの緩慢な守備をついたセネガルが2-1で勝利した。

日本代表にとっては歴史的な勝利となった。

日本は前半開始早々にPKを獲得。これを香川が決めて先制した。コロンビアはゴール前でサンチェスが腕でシュートを阻んだとしてレッドカードを受けていた。2分56秒でのレッドカードは史上2番目に早い退場劇となった。

残り時間を10人でプレーすることになったコロンビアだが、前半39分にキンテーロのFKで同点に追いつく。壁の下を狙ったシュートは日本のGK川島の手をすり抜けて、ゴールラインを割った。

前半は1-1で折り返した。

後半28分、日本に待望の追加点が入る。本田が蹴ったCKを大迫が頭で合わせてゴール。貴重な勝ち越し点となった。試合はこのまま2-1で日本が勝利した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]