成功の秘訣は「柔道の教え」、フランスの著名料理人

成功の秘訣は「柔道の教え」

(CNN) フランスの有名シェフのティエリー・マルクスさんが料理人としての自ら歩みに触れ、成功の秘訣(ひけつ)はキッチンではなく柔道の畳の上にあったとの考えをこのほど明かした。

CNNとの会見で述べたもので、料理同様に「柔道は動作の取得、時間の克服にある」と強調。「最もストレスが高まる時に平静さを保つ能力を教える」とも説いた。

マルクス氏はパリ20区にあるメニルモンタン地区の労働者の街で育った。学業や素行も悪く、多くで失敗し、極貧地区にいたと述懐。「柔道は自由だった。私は日本の映画やスポーツを夢見るようになった」と振り返った。

柔道やそれに必要な心身の統制は夢の追求の動機となったと指摘。その後、軍入隊をへて世界を旅し、独創的な料理のスタイルを築いて評価を高めた。今はパリの「マンダリンオリエンタル・ホテル」内にあるミシュランの二つ星レストラン「ル・シュール・ムジュール」を持つ。人気を呼んだ料理本も複数著した。

柔道は黒帯の保持者となり、1週間に4回の練習も欠かさない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]