伝記映画のジョブズ氏役、ベイルもディカプリオも辞退

「バットマン」シリーズのブルース・ウェイン役で知られるベイルだが、ジョブズ伝記映画には出演しないという=ワーナー・ブラザース提供

「バットマン」シリーズのブルース・ウェイン役で知られるベイルだが、ジョブズ伝記映画には出演しないという=ワーナー・ブラザース提供

(CNN) 米アップル共同創業者、故スティーブ・ジョブズ氏の伝記映画でジョブズ氏役を演じるとうわさされていた俳優のクリスチャン・ベイルが、この役を辞退したことが4日までに分かった。芸能誌ハリウッドレポーターが伝えた。

ソニー・ピクチャーズエンタテインメントは2012年、ウォルター・アイザクソン氏執筆の伝記を原作とする映画の制作を発表。脚本はアーロン・ソーキン氏が手がけ、主演はベイルが最有力候補と伝えられていた。

しかしハリウッドレポーターによると、ベイルは自分にこの役はふさわしくないという理由で辞退を決めたという。

ベイルに先立ち、レオナルド・ディカプリオもジョブズ氏役を辞退していた。2人とも出演交渉の開始には至っていなかったという。

芸能誌バラエティによれば、ジョブズ氏と共にアップルを創業したスティーブ・ウォズニアック氏役にはセス・ローゲンの名が挙がっている。

ジョブズ氏の伝記映画は「スラムドッグ$ミリオネア」でアカデミー賞を受賞したダニー・ボイル監督のもとに制作される。この冬には撮影が始まる予定。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]