米東海岸から流したボトルメール、2年かけてフランスへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ビクトリア・ケイさんが海に放ったボトル/Courtesy Victoria Kay

ビクトリア・ケイさんが海に放ったボトル/Courtesy Victoria Kay

(CNN) 米国人女性が2年以上前、旅先で描いた絵とメッセージを添えて海に放ったボトルが、フランスの海岸に流れ着いた。大西洋を越えて新たな友情が育っている。

テネシー州在住のビクトリア・ケイさんは2020年1月、恋人のグレエムさんとの旅行でジョージア州のセントシモンズ島を訪れた。

海岸の林の風景が気に入って絵を描き、たまたま持っていたボトルに入れて海に投げた。「単なる思い付きだった。過去にやったこともなかった」と、ケイさんは振り返る。

ボトルの中に入れた海岸の林の水彩画/Courtesy Victoria Kay
ボトルの中に入れた海岸の林の水彩画/Courtesy Victoria Kay

絵の裏に新年のあいさつを書き、グレエムさんの提案でメールアドレスも添えておいた。

それから2年あまり。ボトルのことをすっかり忘れていた先月13日に、1通のメールが届いた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]