4カ月間生き延びた飼い犬、雪の斜面で発見 飼い主と再会果たす 米カリフォルニア州

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4カ月間行方不明になっていたラスは雪の中にいる状態で発見された/Tahoe PAWS & TLC 4 Furry Friends

4カ月間行方不明になっていたラスは雪の中にいる状態で発見された/Tahoe PAWS & TLC 4 Furry Friends

エルドラド郡当局から連絡を受けた動物保護団体の女性ボランティア2人は、氷点下の寒さの中、雪に覆われた急斜面を登りながら捜索を開始。雪の中の足跡をたどって犬のところへたどり着いた。「木の根元に黒っぽい塊があった」とボランティアのレオナ・アレンさんは振り返る。「この子だと思った。でも動いていなかった」

その時だった。ラスが頭を上げ、目を開けた。

もう1人のボランティアのエルサ・ガウルさんは「斜面を半分ほど登ったところでレオナの叫び声が聞こえた」「『エルサ、見つけた、生きている!』と叫んでいた」と話す。

ラスはひどくおびえていて、2人の姿を見るとかすかなうなり声を上げたが、2人はおやつを見せながら少しずつ近寄った。

発見時のボランティアのレオナ・アレンさんさんとラス/Tahoe PAWS & TLC 4 Furry Friends
発見時のボランティアのレオナ・アレンさんさんとラス/Tahoe PAWS & TLC 4 Furry Friends

「手を出して彼のあごの下に置くと、彼はすぐに頭を私の手に預けた」とガウルさん。ラスが2人を信頼した証しだった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]