4カ月間生き延びた飼い犬、雪の斜面で発見 飼い主と再会果たす 米カリフォルニア州

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4カ月ぶりに発見されたピットブルテリアミックス犬「ラス」/Tahoe PAWS & TLC 4 Furry Friends

4カ月ぶりに発見されたピットブルテリアミックス犬「ラス」/Tahoe PAWS & TLC 4 Furry Friends

(CNN) 大規模な山火事が起きた米カリフォルニア州の森林で昨年8月から行方不明になっていた飼い犬が、雪に覆われた斜面で4カ月ぶりに無事発見され、飼い主と再会を果たした。

行方不明になっていたのは3歳のピットブルテリアミックス犬「ラス」。飼い主のリカルド・ロドリゲスさんがCNNに語ったところによると、昨年8月下旬、ラスを連れて友人4人とタホ湖へキャンプに出かけた。

ところがラスが誰かに驚かされて逃げてしまい、友人たちと何時間も探し回ったり現地の保護施設に連絡を取ったりしたが、見つけることはできなかった。

そのまま数日が過ぎ、同地で大規模な山火事が発生。住民に避難命令が出されたため、ロドリゲスさんもラスを残したまま9月初旬に避難するほかなくなった。

この火災では、カリフォルニア州とネバダ州の州境付近で住宅や事務所など1000棟近くが焼失した。

「何カ月も連絡がなかったので、きっとあいつは別の飼い主に出会って大切にされているんだと思った」「いつか戻って来ることを願っていた」とロドリゲスさんは言う。

スキー客からラスを見たという情報が寄せられていた/Tahoe PAWS & TLC 4 Furry Friends
スキー客からラスを見たという情報が寄せられていた/Tahoe PAWS & TLC 4 Furry Friends

事態が動いたのは12月16日だった。タホ湖の近くにいたスキー客から、木の根元の雪の中に犬がうずくまっているという情報が寄せられた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]