脳の中に幼虫が寄生、長年続いた頭痛の原因 豪女性

MRI検査によって脳の中に嚢胞(のうほう)が見つかった/The American Journal of Tropical Medicine and Hygiene

MRI検査によって脳の中に嚢胞(のうほう)が見つかった/The American Journal of Tropical Medicine and Hygiene

(CNN) オーストラリアで1週間以上続く頭痛を訴えていた25歳の女性の脳内に、条虫の幼虫が寄生しているのが見つかった。女性は海外に渡航したことはなく、オーストラリア国内での条虫感染が確認されたのは今回が初めてだった。

これまでにオーストラリアで確認されていたのは、アフリカやアジア、中南米といった地域からの移民や帰国者の症例だった。

今回の症例は9月21日の米医学誌に発表された。女性は7年前から、月に2~3回の頭痛に悩まされるようになり、その都度片頭痛の処方薬で対処していた。しかし今回の頭痛は1週間以上続き、視界の中心部がぼやけるなどの深刻な症状を伴っていた。

医師団は磁気共鳴断層撮影(MRI)検査を行った結果、脳腫瘍(しゅよう)が頭痛を引き起こしている可能性があると診断した。しかし病変部の摘出手術を行ったところ、条虫の幼虫がいっぱいに詰まった嚢胞(のうほう)が原因だったことが分かり、これを摘出すると、以後の治療は必要なくなった。

こうした症例は脳嚢虫症と呼ばれ、脳内で幼虫の嚢胞が発達することで神経症状を引き起こす。条虫は通常、人の腸に寄生する寄生虫で、火の通っていない豚肉を食べたり、卵が付いた食品や水、土壌に接触したりすることでも感染する。

女性はバリスタとして働いていて、条虫に感染するリスクは極めて低いはずだったが、感染者から放出された条虫の卵を何らかの形で摂取してしまったと思われる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]