夜空に並んだ金星と木星と月、天文ファンを魅了 英国

左から金星、木星、月と並んだ夜空を英北部で観測/Rebecca Weir

左から金星、木星、月と並んだ夜空を英北部で観測/Rebecca Weir

(CNN) 英国で29日未明、夜明け前の空に金星と木星と月が並んで見える珍しい現象が観測され、その光景をとらえた写真がSNSに投稿されている。

22日には金星と木星がもっと近くに接近していたが、英国では夜空の低い位置にあったために見えにくかった。しかし木星に詳しい英レスター大学のリー・フレッチャー氏によると、29日未明は天気も良く、観測に理想的な条件が整った。

天文家は数カ月前から、木星が太陽の後ろから再び姿を現すのを待っていた。地球から木星が観測されたのは今年に入って初めて。今後数カ月で木星はさらに見えやすくなり、6月10日には最もよく見えるようになる。

木星から太陽までの距離は、地球から太陽までの距離の約5倍。一方、金星は地球と太陽の間にあり、太陽光を反射して夜空では月の次に明るく見える。

英天文学会のモーガン・ホリス氏によると、2019年は複数の惑星が同じ方角に並んで見える現象が14回起きる。しかし29日は2つの惑星と明るい月が並び、特に絵になる光景だった。

フレッチャー氏は2018年12月に発表した論文の中で、木星の赤道上でよく観測される白い雲が、木星が太陽の後ろから再び姿を現した時には消えているだろうと予想していた。今回、この予想の的中が確認されたとしている。

2月12日には米航空宇宙局(NASA)の探査機が再び木星に接近する見通し。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]