「スーパーブラッドウルフムーン」、世界各地で観測

ノースカロライナ州ステッドマンで撮影された皆既月食=21日/Johnny Horne/AP
写真特集:世界各地で観測、「スーパーブラッドウルフムーン」

ノースカロライナ州ステッドマンで撮影された皆既月食=21日/Johnny Horne/AP

(CNN) 米国や欧州などで現地時間の20日夜から21日未明にかけ、皆既月食の月が大きく赤く見える「スーパーブラッドウルフムーン」の現象が観測された。

皆既月食は北米と南米、欧州の一部と西アフリカで観測され、東アフリカとアジアの一部では部分月食が観測された。

ツイッターには世界各地で天文ファンが撮影したスーパーブラッドウルフムーンの写真が投稿されている。

今回は、月と太陽が地球をはさんで一直線に並び、地球の大気を通過した太陽光が地球の影に隠れた月を照らして赤く見せる皆既月食の「ブラッドムーン」、満月が地球に最接近する「スーパームーン」、さらには月に向かって吠える飢えたオオカミをイメージした1月の満月「ウルフムーン」が重なった。

皆既月食は平均すると、ほぼ1年に1回の頻度で起きている。米国で次に皆既月食が観測できるのは2022年になる。

写真特集:世界各地で観測された「スーパーブラッドウルフムーン」を見る

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]