形は逆U字、世界「最長」のビル 米建築事務所がアイデア

(CNN) 米国の建築事務所が建物最上部をU字型に曲げた、全長が4000フィート(約1219メートル)に達するという奇抜なデザインの超高層ビルをニューヨークのマンハッタン地区に建設させる計画をこのほど提案した。

土地の確保が容易ではないマンハッタンの不動産事情を踏まえた設計で、ビルの高さではなく「長さ」を追求したデザインともなっている。「ビッグベンド」と呼ばれる構想で、4000フィートの長さのビルは世界最長としている。

この構想を示した同建築事務所「Oiilo Studio」は公式サイト上で「ニューヨークの土地区画規制を曲げる代わりに建物を曲げられるなら、マンハッタンに最も有名な建物の1つを創出することが出来るだろう」と述べた。

建設場所はマンハッタンのビリオネアズ・ロウ地区を想定している。

ビッグベンド構想を思い付いた建築家は、企業が縦方向だけではなく横方向にも動くエレベーターを開発したことを知り着想を得たとしている。ビッグベンド計画案を少数の企業に送り、投資を募っている段階だという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]