木造高層ビルが世界で流行 背景は?

ロンドンに建設予定の「オークウッド・タワー」=PLP Architecture提供

ロンドンに建設予定の「オークウッド・タワー」=PLP Architecture提供

(CNN) 英ロンドンで80階建ての木造高層タワーを建設する計画が発表されるなど、木造建築ブームが世界的な広がりを見せている。ロンドンのタワーは建設許可が下りれば同市初の木造高層ビルとなるほか、世界一高い木造建築になる。

「オークウッド・タワー」と名付けられたこのビルは、建築事務所「PLP」と英ケンブリッジ大学が共同で建設を提案。木造建築の限界に挑戦する実験的な試みとなっている。

一部の専門家によれば、木は軽く耐久性に優れており、人々の幸福感を生み出す資材でもある。環境に優しい都市を造るための手段と銘打たれているほか、鉄より耐火性が高い場合もあるようだ。

木造タワーの流行はこの5年にわたり、建築業界で広がってきた。豪州のメルボルンで2012年、高さ約32メートルの10階建て集合住宅が建設されたのに続き、14年にはノルウェーで14階建ての木造ビルが登場。世界最高層の記録を更新した。

ロンドンのショーディッチ地区では昨年、高さ約33メートルの木造アパートが建てられた。開発業者によると、「直交集成材で建てられた建造物としては欧州最高層」としている。

カナダでもブリティッシュコロンビア大学の学生宿舎を木造で建設する計画が進んでる。高さ約53メートルの18階建てビルとなる予定で、オークウッド・タワーが建設されるまでの間、一時的に世界最高層となる見込みだ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]