飲酒運転の「処罰」に爆音ロック、護送車内で聴かせる カナダ

飲酒運転で捕まると、爆音ロックの「強制鑑賞」が待っている?

飲酒運転で捕まると、爆音ロックの「強制鑑賞」が待っている?

(CNN) カナダのケンジントン町の警察は1日までに、飲酒運転の違反者を勾留施設などへ警察車両で護送する場合、同国の有名なロックバンド「ニッケルバック」の楽曲を車内で鳴り響かせる「処罰」を科すとの方針を明らかにした。

クリスマス休暇シーズンなどを控え、例年の頭の痛い問題解決に向けて新たな発想で考案した対策の一環としている。高額罰金、刑事訴追、数年間の免許取り消し処分の他の追加処罰としている。

フェイスブック上で宣言したもので、この奇抜な対策を打ち出すことで飲酒運転禁止の機運が高まればなによりと述べている。

ただ、ケンジントンの警察が同バンドの楽曲を嫌っているわけではないとも念を押している。

これまで違反者の護送中に曲を車内で流した例はなく、この状態が今後も続いて欲しいと願っている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]