世界最高齢の女性、117歳に 食生活は「生卵とクッキー」

世界最高齢、3世紀を生き抜く長寿の秘訣は

(CNN) 世界最高齢に認定されているイタリア人女性、エマ・モラノさんが29日、117歳の誕生日を迎えた。長寿の秘訣(ひけつ)は、毎日欠かさず食べる生卵だという。

モラノさんは1899年にイタリア北西部ピエモンテ州で生まれた。19世紀から3世紀を生き抜いてきた、世界でただ1人の人物だ。今年5月、米アラバマ州生まれのスザンナ・ジョーンズさんが116歳で亡くなったのを受けて世界最高齢の座に就いた。

モラノさんの母は91歳まで、姉妹の何人かは100歳まで生きるなど長寿の家系。ただ本人によれば、第1次世界大戦の直後、十代の頃に始めた食生活が功を奏しているという。医師から貧血対策に生卵を食べるよう勧められ、その後ずっと従ってきた。

モラノさんは長年、1日に生卵2個と調理した卵1個、ひき肉にパスタ少々という食生活を送ったが、年を取ってからは卵2個とクッキーだけになった。クッキーが大好きで、人に取られないよう枕の下に隠しているほどだという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]