公判で謝罪の「歌」披露、刑短縮求めるも効果なく禁錮17年 米

(CNN) 米ミシガン州アナーバーの裁判所で20日までに、不法監禁や武器隠匿の罪を認めた21歳の男性被告が量刑の軽減を求め、裁判官に向かって謝罪の気持ちを込めた曲を歌う異例の一幕があった。

同州ウォッシュトノー郡の裁判官はCNNの取材に、刑事裁判では判決内容を宣告する前、被告の発言が認められていると述べた。

法廷で歌ったのは、英国の人気女性歌手アデルさんの持ち歌である「ハロー」に触発されたとみられる歌詞が入った謝罪の曲。犯行への再三のおわび、人生で強い人間になろうとしたがかなわなかったことへの悔いや裁判官の名誉を傷付けたことへの謝罪などの歌詞が盛り込まれていた。

また、自らの犯罪の犠牲者となった男性とその母親への謝意も表現していた。

曲を歌い終わった後、禁錮3年の量刑を懇願してもいた。しかし、裁判官は最大で17年の禁錮刑判決を下した。

被告は昨年11月、同州イプシランティで男性と争っていた際、腹部に銃を差し込んでいるのが見付かり逮捕されていた。地元警察によると、被告は逮捕時、仮出所の身分で、多数の重罪犯罪の逮捕令状が出ていたという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]