今度はナイルワニ、外来種の侵入続く 米フロリダ州

ナイルワニ。米フロリダ州でも生息が確認された

ナイルワニ。米フロリダ州でも生息が確認された

(CNN) 米フロリダ大学の研究チームは22日までに、同州の湿地帯で捕まっていたワニ3頭はアフリカに固有の外来種であるナイルワニであることが判明したと報告した。フロリダ州内でのナイルワニの生息の確認は初めてとみられる。

研究チームは声明で、フロリダ州に固有な鳥類や哺乳(ほにゅう)動物に加え、他種のワニが危険な外来種であるナイルワニの餌食になる恐れもあると警告し、何らかの対応策を講じる必要性を強調した。

ナイルワニとわかった3頭は2009年、11年と14年にそれぞれマイアミ市近くで発見され、DNA検査で種類が確認された。

ナイルワニは現存する爬虫(はちゅう)類の中で2番目に大きい。生息地のアフリカでは凶暴な性格で知られ、人間を捕食することもある。体長は18フィート(約5.5メートル)にまで成長し、その重さは小型車ほどになることもある。

研究チームによる報告書は、爬虫類の保護と生態に関する科学誌に掲載された。

ナイルワニはアフリカで住民多数を襲っており、10~14年の襲撃件数は約480件で、犠牲者は123人とのデータもある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]