ヒグマがモールに乱入し暴れる、近くの学校内で射殺 ロシア

(CNN) ロシア極東部ハバロフスク市のショッピングモール内に野生のヒグマ1頭が迷い込んで内部を走り回った後、外に飛び出して近くの学校の運動場で警官に射殺される騒ぎがこのほど起きた。

負傷者はいない模様。クマがちん入した際、モールが開店していたのかなどは伝えられていない。

モール内の監視ビデオにはクマがガラス製の入り口を割って中に入り込んだり、店舗の窓ガラスに体当たりするなどの映像が収められていた。クマは二重式となっている入り口のガラス製ドアの上部をたたいて器用に開け、外へ飛び出していた。

地元の野生生物管理当局は、クマの年齢は推定で約1歳で、空腹を覚え、モールに入り込んだ可能性があるとしている。

ハバロフスク市周辺では冬眠の季節を前にしたここ数週間、クマの目撃談が相次いでいた。襲われた住民ら2人の死亡も報告されている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]