今、ジョージアを訪れるべき9つの理由

ゲルゲティ・トリニティー・チャーチ。14世紀にカズベギの丘の上に建てられた

ゲルゲティ・トリニティー・チャーチ。14世紀にカズベギの丘の上に建てられた

(CNN) ジョージア(グルジア)は、欧州の東端に位置し、北にカフカス山脈、西に黒海、南に乾燥した砂漠地帯がある。

ロシア、アゼルバイジャン、アルメニア、トルコの4カ国と国境を接するこの小国は「文化の交差点」であり、また壮大な風景の宝庫でもある。

以前は世界地図上でジョージアの位置を示せる人は少なかっただろうが、最近は欧州の人気の旅行先の1つになっている。

そこで今回は、今、ジョージアを訪れるべき理由を9つ紹介する。

1.トビリシ:文化のるつぼ

ジョージアの首都トビリシは、ムトゥクワリ川沿いに位置し、三方を山に囲まれている。考古学者らによると、現在トビリシのある場所には紀元前4000年に最初の居住者がいたことが確認されているという。

トビリシはシルクロード上に位置することから、多様な文化の中心地となった。それは今日、同市で見られる民族の多様性や、さまざまな要素を含む建築に反映されている。

アバノトゥバニの公衆浴場はペルシアの伝統に従い、地下から自然に湧き出た温泉のみを使用している。トビリシという名前は、同市で湧き出る温泉にちなみ、グルジア語で「温かい」という意味の「トビリ」から付けられた。

アバノトゥバニを離れ、旧市街に入ると古い教会、モスク、シナゴーグ(ユダヤ教の礼拝堂)があり、さらにゾロアスター教の最北の教会跡もある。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]