17世紀聖職者の棺に胎児の遺体 スウェーデン

スウェーデンでミイラ化した17世紀の遺体の調査が進められている=ルンド大学

スウェーデンでミイラ化した17世紀の遺体の調査が進められている=ルンド大学

(CNN) スウェーデンで17世紀の聖職者のミイラ化した遺体を調べていた同国のルンド大学の研究チームは、驚くべき発見をした。聖職者の遺体の足下に、4〜5カ月の胎児の遺体が隠れていたのだ。

この聖職者は同大学の創設者の1人でもあるペーデル・ウィンストループ監督。1679年に74歳で死去し、その1年後にルンド大聖堂に葬られた。

胎児の存在は、昨年12月に行われたCTを使った調査で見つかった。

調査を行っている同大附属歴史博物館のペール・カールステン館長は「監督の近親者か誰かが、棺(ひつぎ)の準備をしている間に忍び込ませたとしか考えられない。DNAテストで血縁関係の有無を明らかにできるのではと思っている」と述べた。

ルンド大学の声明によれば、CTの結果、監督は一般的なやり方で防腐措置を施されたのではなく「単に自然乾燥された」ことが明らかになった。そのために内臓も手つかずの状態で残されていたという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]