スキニージーンズが原因で入院騒ぎ、しゃがみ続けて血行悪化

タイトすぎるジーンズで健康被害が出ることも

タイトすぎるジーンズで健康被害が出ることも

(CNN) スキニージーンズでしゃがんだ体勢を続けた結果、脚が一時的にまひして入院した女性(35)のケースが、このほど神経学専門誌JNNPに報告された。

報告によると、この女性はスキニージーンズをはいて親類の引っ越しを手伝っていた。クローゼットの中を片付けるため、しゃがみ込んだまま何時間も作業を続けた。

夜になって帰宅する途中、足の感覚がなくなって転倒し、そのまま身動きが取れなくなった。数時間後にようやく発見されて病院へ運ばれた。

両方のふくらはぎが腫れ上がっていたため、医師らはジーンズを切り裂くしかなかったという。

医師らによれば、ジーンズが血行を妨げたため脚が腫れ、神経が圧迫された結果、足首やつま先を動かせなくなったとみられる。

女性は4日間点滴を受け、再び歩けるようになって退院したという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]