やせ過ぎモデルは「不健康」、ファッション誌広告にNG 英

やせすぎモデルを禁止に 英

ロンドン(CNN) 高級ブランド「イブサンローラン」の広告に登場するモデルについて、英広告規制団体の広告基準協議会(ASA)は4日までに、「不健康なやせ方」をしているとの判断を示し、そのままの状態での掲載禁止を通告した。

問題にされたのはファッション誌「エルUK」に掲載された白黒写真の広告で、ミニのワンピース姿の女性が仰向けに横たわる姿が写っている。ASAは、胸の部分に光が当たってあばら骨が露骨に浮き出て見えると指摘、こうした広告の掲載は「無責任」と批判した。

また、モデルの両足についても「太ももと膝が同じくらいの幅で、非常に細く見える」と判断し、「足の細さと厚底靴の間の対照」が際立っているとした。

ASAはこの広告について読者から苦情が寄せられたことを受け、調査に当たった。ASAによれば、今回の判断についてイブサンローランは、モデルが不健康だとする見方には同意できないとしながらも、具体的にどう対応するかは明らかにしなかったという。

エルUK、イブサンローランともCNNの取材にはコメントしていない。

ファッション広告を巡ってはやせたモデルを問題視する声が各国で広がっており、イスラエルやフランスもやせ過ぎモデル禁止を打ち出している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]