千年前のミイラ入り仏像、中国寺院からの盗品か

仏像内部に1000年前の「即身仏」

(CNN) オランダの美術館で見つかった1000年前の僧侶のミイラが入った仏像は、中国東部・福建省の寺院から1995年に盗まれたものだった可能性が浮上した。中国国営メディアが伝えた。

問題の仏像はオランダのドレンツ美術館に持ち込まれ、昨年CTスキャンで調べたところ、中にミイラ化した「即身仏」が入っていることが分かって注目を浴びた。

福建省の文化財局が調査した結果、この仏像が同省にある寺院のものだったことを示す写真や記録が見つかったという。中国の専門家は、仏像がこの寺院から盗まれたとの見方を強めている。

同局の広報は新華社通信の取材に対して22日、通常の手続きに従って返還を求めるため、国の文化財保護当局に報告すると説明した。

仏像の所有者はオランダの個人収集家。各国を巡回する展示の一環として、現在はハンガリーの首都ブダペストにある国立自然史博物館に置かれている。

同博物館によれば、当初は5月まで展示する予定だったが、ドレンツ美術館から要請を受けてこのほど展示を中止した。

仏像はオランダで売りに出され、個人収集家が1996年に買い取った。売りに出された経緯は分かっていない。ドレンツ美術館は、収集家が合法的に入手したものだと説明している。

ミイラは中国の文様を施した布の上に座った姿勢で入っていて、内臓はなく、肺の組織の代わりに中国の文字が書かれた紙片が詰まっていた。中国の高僧と見られ、専門家はDNA鑑定の結果を待って、ミイラの出身地を突き止める手がかりとしたい意向。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]