新たに惑星8個確認、生命存在の可能性ある圏内

生命存在の可能性ある圏内で新たに8個の惑星を確認

生命存在の可能性ある圏内で新たに8個の惑星を確認

(CNN) 広い宇宙の中で、地球以外に生命が存在する惑星はあるのか――。その答えに、科学者たちがまた一歩近づいた。生命存在の可能性がある圏内で新たに8個の惑星が見つかり、このうち2個は今までに確認された惑星の中で最も地球に似ているという。

米ハーバード・スミソニアン天体物理学センターのチームがこのほど、米天文学会(AAS)の会合で報告した。

8個の惑星はいずれも、公転する恒星から近すぎず遠すぎず、水が液体として存在できる「ハビタブルゾーン」に位置しているとみられる。惑星の表面は、地球と同じような岩石でできている可能性が高いという。

特に有望なのは、「ケプラー438b」と「ケプラー442b」の2個だ。438bは直径が地球より12%大きく、地球型の岩石惑星である確率は70%。地球からは470光年離れている。442bは地球より33%ほど大きく、岩石惑星の確率は60%。地球からの距離は1100光年、ハビタブルゾーンに入っている確率は97%とされる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]