迷子のアシカが160キロの旅 米

写真提供=Marine Mammal Center

写真提供=Marine Mammal Center

ロサンゼルス(CNN) 今年3月、カリフォルニア州モデストの農園で、カリフォルニアアシカの子どもが保護された。海からサンウォーキーン川を約160キロメートルもさかのぼってきたとみられる。

「アシカの子は、川から1キロ以上あるうちの新しいアーモンド畑にいた」と、農園のビリー・ライオンズさんは言う。

ライオンズさんはすぐに近くの野生動物保護区に連絡。かけつけた係官はライオンズさんらの助けを借り、わなでアシカを捕獲したという。

アシカには「ホッピー」というニックネームが付けられた。

ホッピーは現在、同州ソーサリートにある海洋ほ乳類センターで保護されている。3月に来た時はやせて栄養失調の状態だったが、今ではよく餌を食べ、体力もついてきたという。

サンウォーキーン川水系に上ってきたカリフォルニアアシカはホッピーが初めてではない。

2004年には「チッピー」と名付けられた同種のアシカが、同じように川をさかのぼってきた。この時は、クルーザーの上にいるところを警察官に発見されたという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]