全裸で日光浴が最も好きな国民は?

海水浴をする人々

海水浴をする人々

(CNN) 毎年、世界の海水浴客の行動調査を行っている世界最大のオンライン旅行会社エクスペディアが、2013年の調査結果を発表した。

それによると、世界で最も全裸になるのが好きなのはドイツ人で、約17%が公共のビーチで全裸で日光浴をしたことがあると回答した。また、カナダ人が15%、アメリカ人は8%だった。

一方、欧州で最もトップレスや全裸になりにくいのはフランス人で、世界全体ではインド人、韓国人、マレーシア人、シンガポール人、日本人がビーチで全裸になるのが苦手という結果が出た。

男性用ブリーフ型水着に対する許容度の調査では、アメリカ人の約半数が許容できると回答。最も許容度が高かったのはフランス人で、全体の91%が許容できると回答した。

一方、この種の水着に厳しいのは日本とノルウェーで、公共ビーチでのブリーフ型水着の着用が適切と回答したのはそれぞれ29%、34%にとどまった。

また海辺の活動でアメリカ人に最も人気があったのはビーチの散歩(78%)で、続いて、人間観察(64%)、スイミング(61%)、日光浴(56%)となった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]