生活費が高い都市ランキング、大阪が5位に 首位は香港など3都市

エコノミスト誌の調査部門がまとめた生活費の高い都市ランキングで大阪が5位に入った/Buddhika Weerasinghe/Getty Images

エコノミスト誌の調査部門がまとめた生活費の高い都市ランキングで大阪が5位に入った/Buddhika Weerasinghe/Getty Images

(CNN) このほど発表された2019年版の世界生活費ランキングで、パリ、シンガポール、香港の3都市が1位に浮上、日本からは大阪が5位に入った。

ランキングは英誌エコノミストの調査部門エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)が毎年まとめているもので、世界133都市で約150品目の値段や料金を調べている。

パリは2003年以来、毎年トップ10入りしていたが、今年は首位に浮上した。前年のランキングで4位だった香港は、初めて1位に上昇してパリと並んだ。

大阪は前回から6位上昇して5位につけ、スイスのジュネーブと並んでいる。

トップ10入りしたのはほとんどがアジアと欧州の都市で、北米の都市は米ニューヨークとロサンゼルスのみだった。

一方、経済情勢が悪化してハイパーインフレに見舞われているベネズエラの首都カラカスは、133カ国の最下位に落ち込んだ。内戦が続くシリアの首都ダマスカスは132位、ナイジェリアのラゴスとパキスタンのカラチは127位だった。

2019年版の生活費が高い都市ランキングは以下の通り。

1.(同着)シンガポール

1.(同着)パリ(フランス)

1.(同着)香港

4.チューリヒ(スイス)

5.(同着)ジュネーブ(スイス)

5.(同着)大阪

7.(同着)ソウル(韓国)

7.(同着)コペンハーゲン(デンマーク)

7.(同着)ニューヨーク(米国)

10.(同着)テルアビブ(イスラエル)

10.(同着)ロサンゼルス(米国)

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]