五輪を目指す10歳のスケボー選手、英代表団の一員に 日本と英国のはざまで選択

日本人の母と英国人の父の間に生まれたブラウンさん/BEHROUZ MEHRI/AFP/AFP/Getty Images

日本人の母と英国人の父の間に生まれたブラウンさん/BEHROUZ MEHRI/AFP/AFP/Getty Images

(CNN) 2020年東京オリンピック出場を目指す英スケートボード選手団の一員に、10歳のスカイ・ブラウンさんが選ばれた。東京オリンピックが開幕する時のブラウンさんは12歳。同チームが出場を果たせば、史上最年少のオリンピック選手となる。

日本人の母と英国人の父の間に生まれたブラウンさんは、サーフィンやダンスでも注目の選手。セリーナ・ウィリアムズやシモーネ・バイルズなどと並んでナイキのキャンペーンにも起用されている。

スケートボードの技を披露したユーチューブの動画は何万回も再生され、インスタグラムは30万人がフォローする。

ただ、二重国籍を持っていることから、どちらの国で出場を目指すか選択しなければならなかった。

日本を拠点としながら英国選手として出場を決めたことについてブラウンさんは、リラックスしたアプローチが理由だったと打ち明ける。

「英国のスケートボード協会は、『プレッシャーはなし。ただ楽しんで出場すればいい』と私に言ってくれた」。BBCのウェブサイトに13日掲載された動画の中で、ブラウンさんはそう語っている。

既に大人の選手に混じって国際大会に出場し、エストニアで先月開かれたスケートボードの女子ワールドカップで優勝を果たした。

サーフィンでも実績を挙げ、昨年には子どものダンス大会にJ・T・チャーチさんと出場して初制覇している。

スケートボードは2020年東京オリンピックで初の正式種目となる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]