クライスラー車に遠隔操作の恐れ、更新プログラム配信

クライスラーが自社製品に搭載したソフトウエアの更新を呼び掛けている

クライスラーが自社製品に搭載したソフトウエアの更新を呼び掛けている

ニューヨーク(CNNMoney) 自動車大手クライスラーの4輪駆動車「ジープ・チェロキー」がインターネット経由で遠隔操作される恐れがあることが分かり、同社はこの問題を修正するためソフトウエアの更新プログラムを緊急リリースした。

更新プログラムは車をディーラーに持ち込んでインストールしてもらう方法と、USBメモリーにダウンロードして車に差し込み自分でインストールする方法がある。

クライスラーによれば、今回の更新プログラムで修正する前のセキュリティー環境では、持ち主の知らないうちに他人が車外から車を遠隔操作できてしまう恐れがあるという。「スマートフォンやタブレットと同様に、車のソフトウエアもセキュリティー対策を強化するため更新が必要なこともある」と同社は説明している。

今回の事態は、インターネットに接続された「スマートカー」の憂慮すべき未来の一端を垣間見せている。車がパソコンやスマートフォンやアプリと同じだとすると、いずれ車に対しても更新プログラムが頻繁に配信されるようになるかもしれない。

自動車メーカーが強制措置を取らない限りは更新プログラムを無視することもできる。ただし更新プログラムをインストールしないまま2014年モデルのジープ・チェロキーを運転すれば、車がハッキングされ、道路を走行中に突然ブレーキが効かなくなることもあり得る。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]