マクドナルド幹部が明かす「極秘メニュー」?

2015.07.22 Wed posted at 13:24 JST

[PR]

(CNN) 米ファストフード大手マクドナルドの幹部が「極秘メニュー」の存在を認めたといううわさがネットで広まり、注目を集めている。

きっかけは、同社幹部を名乗る人物がソーシャルサイトのレディットに17日に投稿したコメント。マクドナルドでは、例えば「陸海空バーガー」などの極秘メニューが注文できると書き込んだ。

ちなみにこれは、チキンバーガーとフィレオフィッシュ、ハンバーガーを積み重ねたメニュー。投稿には5000件近いコメントが寄せられている。

ただしマクドナルドでメニューにない品目も注文できるという事実は、実は以前から公表されていた。

同社の公式サイトは2014年の時点で、「お客様はとても上手に当社のメニューをカスタマイズしています。そうした創作の一部はインターネットで見つかるかもしれません」と説明していた。ただし「公式な極秘メニューは存在しません」とも。

同社広報も21日、「お客様は本当にクリエーティブで、いつもメニューのカスタマイズを楽しんでいる」とコメントした。

レディットで質問に答えた幹部も、公式の極秘メニューは存在しないと強調。独創的なメニューは顧客が複数の品目を組み合わせて注文しているものだと述べ、「どのように組み合わせたいかをお客様が説明し、全品目の代金を支払っていただけるのなら、別の注文としてこしらえる」と説明した。

「#HackTheMenu」というサイトには、ビッグマックにクオーターパウンダーのパテを組み合わせた「マッキンリーマック」、エッグマックマフィンとダブルチーズバーガーを合体させた「Mc10:35」など20種類の「極秘メニュー」が掲載されている。

メールマガジン

[PR]