自動車にもハッキングの脅威、ネットワーク接続があだに

自動車もハッカーに狙われる時代に?

自動車もハッカーに狙われる時代に?

ニューヨーク(CNNMoney) 近年、コンピューターによって電子制御される自動車が増えてきた。これに応じ、自動車もハッカーの標的になりつつある。CNNMoneyがこのほど入手した報告書によれば、最もハッキングされやすい車として、米クライスラーの「ジープ・チェロキー」2014年モデル、米ゼネラル・モーターズ(GM)の「キャデラック・エスカレード」2015年モデル、トヨタの「プリウス」2014年モデルといった名前が挙げられている。

報告書を執筆したのは自動車セキュリティーを研究するチャーリー・ミラー氏とクリス・バセック氏。両氏はこのたび、新たに検証実験を行い、「最もハッキングされやすい車20」を発表した。

ただし、報告書はあくまで、さまざまな車種の技術的な構成を検討したもので、実際に車を遠隔ハッキングした例は無い。

逆に、ハッキングに強いとされたのは、「ダッジ・バイパー」2014年モデルや「アウディA8」2014年モデルなどだった。

ハッキングに弱いと指摘された「ジープ・チェロキー」と「キャデラック・エスカレード」の場合、ブルートゥースや車載テレマティクスのような無線通信と、ステアリング、ブレーキ、タイヤ空気圧モニターなどが同一ネットワーク上にあり、これがセキュリティー上の欠陥とされた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]