ガザの住宅4万6000戸が全壊、23万戸超が一部損壊 国連推計

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
住宅のがれきの上に立つ女性=11月28日、ガザ/Mustafa Hassona/Anadolu/Getty Images

住宅のがれきの上に立つ女性=11月28日、ガザ/Mustafa Hassona/Anadolu/Getty Images

(CNN) 国連の推計によると、イスラム組織ハマスとイスラエル軍の交戦が始まった10月7日以降、パレスチナ自治区ガザ地区では推定4万6000戸の住宅が全壊し、23万4000戸超が一部損壊した。

国連が先月29日に発表した報告書で明らかにした。

米ニューヨーク市立大学大学院センターと米オレゴン州立大学の研究者らが衛星画像解析を行い、先月29日時点でガザ地区の全建造物の26〜34%が損壊していると推定した。先月18日時点では20〜26%と推定されていた。

イスラエル軍による空爆が集中しているガザ市とガザ北部では、全建造物の推定52〜65%が損壊しているという。

「イスラエル」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]