ガザ空爆で殺害された3歳の孫娘 「いつも笑っていたのに」祖父が涙

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
自宅に戻ったナブハンさん=27日/CNN

自宅に戻ったナブハンさん=27日/CNN

(CNN) イスラエルとハマスの戦闘休止が続く間、パレスチナ自治区ガザ地区では住民の多くが自宅へ戻り、持ち物や、場合によっては家族の遺体を収容している。

CNNは、破壊された自宅に戻った男性を取材した。この男性、カレド・ナブハンさんは、空爆で命を落とした3歳の孫娘にキスして別れを告げる映像が先週SNSに投稿され、世界中で拡散した。

映像の中のナブハンさんは、リームちゃんの小さな体を優しく揺すって目を開けさせようとした。リームちゃんはまるで眠っているようだった。

「いつも私が頬や鼻にキスすると、孫娘はクスクス笑っていた」。CNNの取材にナブハンさんはそう振り返った。「私がキスしても、あの子は目を覚まさなかった」

リームちゃんは先週、5歳の兄のタレク君と共に殺害された。2人がガザ南部の自宅で就寝中、近くにあるヌスラット難民キャンプが空爆されて、一家の自宅も倒壊した。

「イスラエル」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]