ウクライナが奪還の東部要衝リマン、CNN取材班が現地入り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

奪還の東部要衝、取材班が現地入り

ウクライナ・リマン(CNN) ウクライナがロシアからの奪還を宣言した東部ドネツク州の要衝リマンに2日、CNNの取材班がいち早く足を踏み入れた。すでにロシア軍部隊の痕跡はほとんどなく、9月30日のうちに撤退するのを見たと話す住民もいた。

取材班がリマンに到着したのは、ウクライナのゼレンスキー大統領が同市からロシア軍を完全に排除したと発表してから約30分後のことだ。

この時すでに街は静まり返り、所々でウクライナ兵のグループが歩き回っているだけ。ロシア軍が残した戦車や遺体、捕虜の影もなかった。

火をつけて燃やされたロシアの国旗や宣伝用の物品/Brice Lâiné/CNN
火をつけて燃やされたロシアの国旗や宣伝用の物品/Brice Lâiné/CNN
破損した建物の横を移動するウクライナ兵=2日、ウクライナ・リマン/Brice Lâiné/CNN
破損した建物の横を移動するウクライナ兵=2日、ウクライナ・リマン/Brice Lâiné/CNN

静けさを破って時折、銃声や砲撃音が響く。住民が何人か、自転車に乗って食料を探していた。

リマンの市民は度重なる支配者の交代に困惑していた。「ある日はこの帽子をかぶり、別の日は違う帽子。こんな生活は無理です」と、1人の女性が涙ながらに訴えた。

ウクライナ当局はリマンの包囲を繰り返し伝え、市内で多くのロシア兵が立ち往生していると発表してきたが、その痕跡はほとんど消え去っていた。当局者らによれば、遺体の片付けや捕虜の退去もすでに完了したという。

一方で住民からは、ロシア兵が30日に整然と撤退したとの目撃談も出ている。

メールマガジン登録
見過ごしていた世界の動き一目でわかる

世界20億を超える人々にニュースを提供する米CNN。「CNN.co.jpメールマガジン」は、世界各地のCNN記者から届く記事を、日本語で毎日皆様にお届けします*。世界の最新情勢やトレンドを把握しておきたい人に有益なツールです。

*平日のみ、年末年始など一部期間除く。

「ウクライナ」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]