ゼレンスキー氏、ロシアは「街や国民にテロ」 オデーサ州へのミサイル攻撃受け

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記者会見するウクライナのゼレンスキー大統領=6月27日撮影/The Presidential Office of Ukraine/picture-alliance/dpa/AP

記者会見するウクライナのゼレンスキー大統領=6月27日撮影/The Presidential Office of Ukraine/picture-alliance/dpa/AP

(CNN) ウクライナのゼレンスキー大統領は1日、南部オデーサ州へのミサイル攻撃を受け、ロシアがウクライナの街や国民に対してテロを行っていると非難した。

この攻撃では計20人が死亡。住宅ビルで少なくとも16人、娯楽施設で子ども1人を含む4人が亡くなった。

ゼレンスキー氏はオデーサ州セルヒーウカへの攻撃について、「ロシアのマスメディアの毎日の報道とは異なり、これは単発的な攻撃でも事故でもない」と指摘。「標的を定めたミサイル攻撃であり、我々の街や町、国民に対するテロだ。大人も子どもも被害を受けている」と訴えた。

首都キーウ(キエフ)でノルウェーのストーレ首相と会談した際に述べた。

ゼレンスキー氏はさらに、セルヒーウカへの攻撃ではロシアの超音速巡航対艦ミサイルが普通の住宅ビルを直撃したと説明。この「X22」ミサイルは空母などの大型軍艦への攻撃を念頭に開発されたものだが、ロシア軍はそれを「普通の市民が住む9階建ての普通のビルに使用した」と指摘した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]