黒海の戦略的要衝スネーク島、「再び自由に」 ゼレンスキー氏

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スネーク島南部=6月30日/Maxar Technologies

スネーク島南部=6月30日/Maxar Technologies

(CNN) ウクライナのゼレンスキー大統領は6月30日夜、黒海の要衝スネーク島が「再び自由」になったと明らかにした。

ゼレンスキー氏は「ズミイヌイ(スネーク)島は戦略的要衝であり、黒海の状況を大きく変える。まだ安全は保証されておらず、敵が戻ってこないという保証もないが、すでに占領者の行動は著しく制限されている」と説明。「我々は一歩一歩、我が国の陸海空からロシア軍を追い出していく」とも述べた。

スネーク島は小島だが戦略的に重要な領土で、開戦当初の激戦地のひとつになった。ロシア艦が島を守るウクライナの守備隊に投降を呼び掛けたのに対し、守備隊は「ロシアの軍艦、くたばれ」と返答したとされる。

スネーク島のウクライナ語名は「ズミイヌイ・オストリフ」。ウクライナの沖合約48キロに位置し、ボスポラス海峡や地中海に通じる海上交通路に近い。

ウクライナ軍は30日、同軍の作戦成功後にロシア軍がスネーク島から撤退したと発表していた。一方、ロシア軍のコナシェンコフ報道官は会見で、島から離れたのは「善意の対応」だとしている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]