ANALYSIS

ルハンスク州最後の拠点に迫るロシア軍、マリウポリ陥落後最も厳しいウクライナの1週間

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
リシチャンスク市郊外で、空爆後の状況を調べるウクライナ軍の兵士ら/Aris Messinis/AFP/Getty Images

リシチャンスク市郊外で、空爆後の状況を調べるウクライナ軍の兵士ら/Aris Messinis/AFP/Getty Images

(CNN) ウクライナ東部リシチャンスク市の防衛がさらに危うくなってきた。同市はルハンスク州でウクライナ側が維持する最後の都市となっている。

この数週間、ロシア軍は同市の南と東にあるウクライナ軍の防衛陣地を徹底的に破壊しようとしてきた。同市を守るウクライナ軍を包囲し、孤立させるのが狙いだ。

ロシア軍はこの2、3日で、ウクライナ軍からの砲撃で被害を受けながらも、リシチャンスク南郊の複数の村に入った。ウクライナ軍によれば、ロシア軍の大隊戦術グループが戦闘能力回復のために統合されるか、撤退する動きが見られるという。

米シンクタンクの戦争研究所が行う日次の戦況分析によると、ロシア軍が南方から突破した場合、難関となっているドネツ川を渡ることなく、この数日中にリシチャンスクを脅かせる状況になる可能性がある。

22日にウクライナ当局が失ったと認めた村落はすべて、ドネツ川の西岸、リシチャンスクの南から10キロ圏内にある。

ルハンスク州軍政トップのセルヒ・ハイダイ氏は「ロシア軍がリシチャンスクに近づき、近隣の町に進攻している。リシチャンスクは航空機からの砲撃を受けている」と語った。

さらに同市南方の戦況は「難しい」と認め、「敵はトシキフカに入り、他の村落への砲撃を増やせるようになった」とも述べた。ロシア軍は市のすぐ南の村々にも入り、「我々の兵士が防衛を維持するのは容易ではない」としている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]