食事中の女性グループに殴る蹴るの暴行、防犯カメラ映像に憤り噴出 中国

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

食事中の女性グループに殴る蹴るの暴行、防犯カメラ映像に憤り噴出

(CNN) 中国北部・河北省唐山の飲食店で食事をしていた女性4人が殴る蹴るの暴行を受けて負傷する事件があり、地元警察が容疑者の男女9人を逮捕したことを明らかにした。店の防犯カメラは事件の一部始終をとらえていた。

この映像が10日にSNSで出回ったことをきっかけに、中国の女性の身の安全や権利に関する論争が巻き起こっている。

時刻入りの防犯カメラの映像によると、現地時間の10日午前2時40分ごろ、焼き肉店で仲間と食事をしていた女性のところへ1人の男が歩み寄って女性の背中に手を置いた。女性は男の手首をつかんで押しのけている。

女性に抵抗された男が女性の顔面を平手打ちして2人の間でもみ合いになり、女性はボトルで男を殴ろうとした。

2人のけんかを止めようとした女性の友人たちも男に殴られ、ほかの男たちも乱入。防犯カメラの映像には、複数の女性が殴られたり蹴られたり、髪をつかまれて引きずり倒されたりする姿が映っている。

この映像が出回ったことを受けて唐山警察は10日午後、複数の容疑者を突き止めて行方を追っていると発表。暴行された女性は2人が病院に搬送され、残る2人が軽傷を負ったことを明らかにした。

11日には男7人と連れの女2人を含む容疑者9人全員を拘束したと警察が発表。病院で手当てを受けている被害者の女性2人については命に別条はなく、容体は安定しているとした。

中国のSNSでは週末にかけてこの事件が論議を呼び、憤りの声が広がった。女性の身の安全を嘆く声や、中国の女性に対する体系的な暴力についての論議も高まっている。

有名人も被害者を支持する声を上げている。俳優のジャッキー・チェンさんは中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」の自身のアカウントに「あまりに腹が立って一晩中眠れなかった。私が一番悲しかったのは、互いを助けに入ったのは女性だけで、男性が何もせずに突っ立っていたことだった」と書き込んだ。

警察の11日の発表によると、地元当局はこの事件を河北省内の別の都市に移して刑事事件として捜査するよう指示した。

犯罪組織が絡む犯罪など慎重な取り扱いを要する事件や重大事件の捜査については、一般的にそうした対応が取られる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]