被災地トンガ、非接触の救援機が到着 作物壊滅で食料不足の恐れも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トンガに向けて離陸準備を行う救援機=20日、ニュージーランド・オークランドの空軍基地/CPL Dillon Anderson/New Zealand Defence Force/AP

トンガに向けて離陸準備を行う救援機=20日、ニュージーランド・オークランドの空軍基地/CPL Dillon Anderson/New Zealand Defence Force/AP

20日にはニュージーランドの巡視艇もヌクアロファの港に入港予定。同船は海洋観測の専門家や潜水士、救援物資配送支援のヘリコプターなどを送り届ける。25万リットルの水を積んだ海軍艦も21日にトンガに到着予定。

オーストラリア国際開発省は20日、空軍機2機のうち1機が人道支援物資を積んでトンガに着陸し、もう1機もトンガに向かっているとツイートした。

オーストラリアからトンガへ支援を行った1機目の航空機=20日/Australia Department of Defence
オーストラリアからトンガへ支援を行った1機目の航空機=20日/Australia Department of Defence

オーストラリア国防省の20日のツイートによれば、別の海軍艦も間もなく支援物資を積んでブリスベンからトンガに向けて出港する。

日本の防衛省は20日、飲料水を載せたC130輸送機2機をトンガに派遣すると発表した。

トンガのファカファヌア下院議長は20日、パシフィック・メディア・ネットワークの取材に対し、「農業は全滅した。農家は首相から支援を約束されている」と述べ、「トンガは水を必要としている上に、食料不足に直面しそうだ」と危機感を募らせている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]