「巨大な爆発」で17人死亡、ガーナの町に大きな被害 爆発物積んだ車と二輪車衝突

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
爆発後にがれきをかきわける人々=ガーナ南西部アピアテ/Prestea Huni-Valley Municipal Assembly

爆発後にがれきをかきわける人々=ガーナ南西部アピアテ/Prestea Huni-Valley Municipal Assembly

(CNN) ガーナ西部の町で20日、二輪車と採掘用の爆発物を積んだ車が衝突して「巨大な爆発」が起き、当局によると少なくとも17人が死亡した。

AFP通信によると、爆発による負傷者は59人に上った。

爆発が起きたのはアピアテで、小さな町全体で建物などの倒壊被害が生じているとみられる。爆発音を聞いた労働者の男性によると、ほぼすべての建物が倒壊し、人々や動物ががれきの下敷きになっているという。

この男性は、「至る所」で人が亡くなり、「ガーナにとって本当の悲劇だ」と語った。

爆発後の現場の様子/Prestea Huni-Valley Municipal Assembly
爆発後の現場の様子/Prestea Huni-Valley Municipal Assembly

警察によると、被害者の大半は救出され、複数の医療施設に搬送された。被害者の容体は不明。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]