イラン南部でM6.3の地震 1人死亡、27人負傷

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今回発生した地震とそれに伴う余震の影響を調査する緊急救助隊ら/IFRC Middle East & North Africa

今回発生した地震とそれに伴う余震の影響を調査する緊急救助隊ら/IFRC Middle East & North Africa

(CNN) イラン南部で14日、マグニチュード(M)6.3の地震があり、地元当局者によると少なくとも1人が死亡、27人が負傷した。

同国の電力会社によると、南部ホルムズガン州の州都バンダルアバスの一部では地震発生後に停電が起きた。

米地質調査所(USGS)の観測によれば、直前に同じ地域でM6.0、震源の深さ5.6キロの地震が発生していた。

イランの地震研究所長も2回の地震を確認し、震源はペルシャ湾のケシュム島だと述べた。

震源地を示すGoogleマップ/Google
震源地を示すGoogleマップ/Google

国営イラン通信(IRNA)によると、ライシ大統領は州当局に救助作業を急ぐよう指示した。

バヒディ内相も被災地への支援を呼び掛け、海軍や赤十字、緊急対策本部などが非常態勢に入っていると述べた。

地元当局によると、ペルシャ湾岸のブシェールにある原子力発電所に異常は確認されていない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]