新任の州知事、演説中にたたかれる イラン北西部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
演説中の州知事が舞台上で男にたたかれる騒ぎがあった/Fars News

演説中の州知事が舞台上で男にたたかれる騒ぎがあった/Fars News

(CNN) イラン北西部の東アゼルバイジャン州で23日、就任したばかりのホラム州知事が演説中に平手打ちされる騒ぎがあった。

ホラム氏はこの日、州都タブリーズのモスク(イスラム教礼拝所)で演説していた。

政府系のファルス通信が公開した映像には、1人の男がステージに上がってホラム氏に近寄り、平手打ちして体を押す場面が映っている。警護担当者らが男に駆け寄り、ステージから降ろす様子も見える。

会場にはイランの内相や、最高指導者ハメネイ師の代理人らも出席していた。

政府系タスニム通信はこの男の身元について、軍兵士と判明したと伝えた。ホラム氏は国営イラン放送(IRIB)とのインタビューで、男とは面識がないと述べた。

ホラム氏によれば、男は逮捕された後、妻が新型コロナウイルスワクチンを女性でなく男性に接種されたことに対して腹を立て、同氏をたたいたと供述した。

23日の国会でも、この件について質問を受けた同州選出の議員が「個人的な動機で、新知事の任命や発言とは無関係」との見方を示した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]