インドネシア・バリ島で地震、3人死亡 観光客受け入れ再開の矢先

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
土砂崩れの被害にあった家屋の近くに座る住民=16日、インドネシア・バリ島/DIMAS DHANI/AFP/AFP via Getty Images

土砂崩れの被害にあった家屋の近くに座る住民=16日、インドネシア・バリ島/DIMAS DHANI/AFP/AFP via Getty Images

インドネシア・ジャカルタ(CNN) インドネシアのバリ島で16日未明、マグニチュード(M)4.8の地震があり、少なくとも3人が死亡した。この地震で建物が倒壊し、下敷きになった人の捜索救助活動が行われている。

地元災害管理当局の16日の発表によると、バリ島東部のカランガスム県とバンリ県で建物が損壊した。

カランガスム県ではがれきの中に閉じ込められた人の捜索救助活動が続いている。同県では7人が重傷を負い、1人が死亡した。

バンリ県では2人が死亡した。地震による土砂崩れで道路がふさがれ、救助活動の妨げになっている。

災害管理当局は住民らに対し、余震に警戒するよう呼びかけた。

バリ島は今週、観光に依存する経済の復興を目指し、ワクチン接種完了を条件として19カ国からの旅行客受け入れを再開したばかりだった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]