西アフリカ・マリ、ロシア人傭兵の雇い入れを計画 仏軍撤退に伴い

国連本部で記者会見に臨むロシアのラブロフ外相/Lev Radin/Pacific Press/LightRocket/Getty Images

国連本部で記者会見に臨むロシアのラブロフ外相/Lev Radin/Pacific Press/LightRocket/Getty Images

国連本部・ニューヨーク(CNN) ロシアのラブロフ外相は26日、西アフリカ・マリが国内の治安をてこ入れすべく、ロシア人傭兵(ようへい)を雇い入れる計画であることを明らかにした。

米ニューヨークの国連本部で記者会見に臨んだ同外相は、フランスがマリに駐留する自国軍の軍事力を縮小する計画に言及。「同地においてテロ根絶支援の義務を担う者からの外部支援が縮小されることを考慮し、彼ら(マリ政府)はロシアの民間軍事会社に頼ることにした」と述べた。

マリのマイガ首相は25日、国連総会で演説し、テロなどの犯罪的な暴力行為がまん延する状況を挙げ、治安面での新たな戦略の必要性を主張。国民は「大量殺りく、村落の打ち払い、罪のない人々への切り付け、またその際に女性たちやその赤ちゃんが生きたまま焼かれる」事態に直面し、極限に達しているとした。

同首相はまた、フランスが部隊を撤退させるという「一方的」な決定により同国を見捨てたと非難。マリ政府が「他のパートナーを探す」ことは今や正当化されると述べた。

フランスは長い間、西アフリカ地域における安全保障の有力な担い手だった。仏国防省によると、9月時点で同国は5100人規模の部隊をサヘル地域に位置するチャド、マリ、ニジェール、モーリタニア、ブルキナファソの5カ国に展開している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]