モロッコで生まれた9つ子、今後待ち受ける戦いを病院が説明

マリの女性、9つ子を出産 赤ちゃんのその後は

(CNN) アフリカ・モロッコの病院で4日、マリ出身のハリマ・シセさん(25)が9つ子を産んだ件。出産に対応したカサブランカの病院の責任者によると、女性の健康状態は良好だが、赤ちゃん9人には今後戦いが待ち受けている。

この責任者はCNNに対し「非常に早産だったので、まだやるべきことが残っている」と説明。「赤ちゃんたちは体重を付け、母乳をもらう必要がある。我々を待ち受ける問題は多い」と述べた。

赤ちゃん9人は妊娠30週で誕生し、体重は約500~1100グラムだった。うち5人は帝王切開で生まれた直後に人工呼吸器を装着した。

病院を所有するグループの広報によると、それから72時間以上が経過した今なお、3人は挿管されたままで、機械で小さな肺に空気を送りこんでいる状態だ。

マリ保健省の声明によれば、シセさんはマリ政府によってモロッコまで空路運ばれた。出産前、9つ子と羊水の重さの合計は約30~40キロだったという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]