ハリケーンが大西洋北上、グリーンランドで数十センチの降雪予測

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ハリケーン「ラリー」がグリーンランドに降雪をもたらすと予想されている/CNN Weather

ハリケーン「ラリー」がグリーンランドに降雪をもたらすと予想されている/CNN Weather

(CNN) 大西洋上を北上するハリケーン「ラリー」が今週末にはグリーンランドに進んで冬の嵐となり、数十センチの降雪をもたらすと予想されている。

グリーンランドをハリケーン級の強風が襲うことは珍しくないが、大量の降雪をもたらすハリケーン自体が近づくのはまれ。

ラリーは今週末、グリーンランドの東海岸を進むと予想される。その頃には風速が約27~31メートル、最大で38メートル程度になると見込まれる。強い風がグリーンランド全体に猛吹雪をもたらす一方で、ラリーの熱帯性の性質はそれまでに失われるとみられる。

米国立ハリケーンセンターは「ラリーは11日には温帯低気圧に変わり、週末の終わりまでにグリーンランド付近のより大きな温帯低気圧に吸収されると予想される」と発表した。

ラリーはこの低気圧の影響でしめった大量の空気を取り込むことで、グリーンランドに多くの雪を降らせる。

降雪量はグリーンランドの東側で30~45センチ、東海岸の標高の高いところでは5~10センチかそれ以上が見込まれている。

熱帯性の低気圧が雪を降らせるのは珍しいが、昨年のハリケーン「ゼータ」が米国北東部に雪をもたらすなど前例はある。ただ、ゼータが襲ったのは10月後半で、9月のこの時期に同様の事象が生じるのは異例。

ラリーはグリーンランドを襲う前に米国やカナダに影響を及ぼす。国立ハリケーンセンターは、バミューダ諸島や米、カナダ東部の沿岸は海が大荒れとなり、高波や離岸流が発生する可能性があると警告した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]