手術で誤った脚を切断、両脚切断する結果に オーストリア病院でミス

オーストリアの病院で、誤った脚を手術で切断する医療ミスが起きた/From Klinikum Freistadt/Facebook

オーストリアの病院で、誤った脚を手術で切断する医療ミスが起きた/From Klinikum Freistadt/Facebook

(CNN) オーストリア北部フライシュタットの病院は21日、82歳男性の手術で誤った脚を切断するミスがあったと明らかにした。

男性は18日に左脚の切断手術を受ける予定だったが、「人為ミス」により右脚を膝(ひざ)上から切断される結果になったという。

ミスの発端は、術前のマークを誤って間違った脚に付けたことだった。

病院の声明では「20日午前、傷の包帯を取りかえる標準的な処置を行っていたところ、人為ミスによる悲劇的な過誤を発見した」としている。

男性は多くの健康問題を抱えていて、疾患で両脚に影響が出ていたといい、ミスによる片脚切断の後、正しい方の脚も膝上から切断する必要があった。

病院は男性の家族に連絡を行い、心のサポートを申し出たほか、地元検察に事案の詳細を送付した。

病院は声明で「あらゆる手を尽くして事案の解明を進め、院内の手順をすべて調査し、批判的に分析する」と表明。必要な対策があれば直ちに講じるとしている。

手術を担当した医師は現在、自身の要請で職務から外れているという

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]